不動産査定の方に軍配が上がる

不動産会社の主力は新築物件販売ですから、仲介価格が高いと、その分だけ利益が減ってしまいます。不動産の査定と仲介を比べてみたとき、仲介のほうが勝っていると考えておられる方も多いでしょう。

 

確かに仲介にしたときは買おうとする不動産を物件の仲介で値引きできますし、買取の手続きも購入手続きも同時に行えるので便利です。ところが、単純に売値だけを考えると、不動産査定の方に軍配が上がります。不動産の査定に関して、一括査定が増えたこともあるせいか、自宅で受けられる訪問査定を選ぶ人はかなり大勢いるようです。

 

業者に来てもらえるのでやはりとても楽で、運転しなくていいので燃料が減ることもありません。楽だし燃料代もかからないし言うことは無いのですが、押しに弱い人は自宅まで業者に訪問してもらう形よりも、自分で運転して訪問そちらで査定をしてもらう方がどちらかというと向いているでしょう。自宅までわざわざ呼びだしてしまった等、負い目を持ってしまいますと、なかなか断るのは難しくなるようです。

 

不動産の査定を受けることになって、その前に、不動産の外観についた傷をどうしたらいいか迷う人も多いようです。傷については、自分で直せる程度の小さなものなら、直してしまえば良いのですが、あまりリフォームにこだわらなくても結構です。

 

どうしてかというとリフォームして査定額が上がったとしてもまずリフォーム代の方が高くなるためで、自分で直せないくらいの傷ならリフォームしないままで査定を受け成り行きに任せましょう。

 不動産 売却 査定 横浜